4月 19

今後の営業方針について

目白にてジビエのお店を開いて8月には6年目に突入します。
開店当時には「ジビエって何?」とよく聞かれましたが今では「おっ!ジビエの店ですか!」と言われるくらいにまで「ジビエ」という単語が認知されてきています。 まぁ、マスコミの力によるものでしょうけど。
それでも「ジビエ料理アンザイ」と店名を名乗って5年も運営できたことはお店に来て頂いたお客様のお陰で有りとても感謝しています。
開店当時からの牡丹鍋を中心としたメニュー構成はサイドメニューの変化はあったものの大まかなものとしては変わっていません。
1日1組というスタイルでご来店頂いた皆様に楽しんで頂けるように店主一人で切り盛りをしながらお話もさせて頂き、安く料金設定が出来るようになるべく他のコストをかけないようにしてきました。
また、鍋中心のでメニューであるため、繁忙期がどうしても冬場の猟期と重なります。
営業日も全日行えるわけではなく、それでもなるべく営業日を設定するために実家の浜松での狩猟と目白での営業とを休みなく交互に過密スケジュールで行なってきました。
幸いなことにご予約日での体調不良等での休業はなく、お客様からのドタキャンも無く今日まで営業を行ってきましたが過密スケジュールでの営業は今後も同じように続けていける営業スタイルではありません。
この営業方法は綱渡りであり今後の健全な経営を行なっていくためには今の営業スタイルを一部変更しなければなりません。
「まあ、5年もやったことだし、今の少し無理した営業スタイルは終了しても良いよね?」というのが本音です。
猪や鹿の仕入れコストを含め経費の原価率は60%~70%となりますので、実はカツカツなのですよ。
今後は「もう少し稼がせてね!」と。
その為今後の営業方針を8月より変更をしていく予定です。
(利益確保のため、少人数での利用を制限させて頂きます。)

●人数について 平日は6名以上、土日祝日は8名以上でのご利用をお願いします。
(少人数のご利用はイベント日により対応します)
●料金は サイドメニュー2品付き 8,000円 以上のコースとします。(消費税増税の際は価格変更有り)